日本人向けのED治療薬!レビスマはネット通販で買うのがおススメ

目次

レビスマとは

レビスマは、インドのレビスマ社が発売するED治療薬で、有効成分としてバルデナフィルを含んでいます。
レビスマは即効性のあるED治療薬「レビトラ」のジェネリック薬で、レビトラと同じように、飲んで30分後には効果が出てきます。
レビスマは、日本ではネット通販で買うとおトクです。

レビスマの効果

レビスマは、即効性の高いED治療薬です。
レビスマを飲んでから30分後、早い人だと15分後には効果が出始めます。

■レビスマが効く仕組み

レビスマには「バルデナフィル」という物質が含まれています。
このバルデナフィルは、血管を拡げる効果を持っています。

脳はエッチな刺激を受けると、信号を発信してペニスの血管を拡げます。
そこに大量の血液が流れ込み、ペニスの海綿体が血でパンパンになることで、ペニスが勃起します。

広がった血管は、体内で作られる酵素の働きで徐々に元に戻ります。
バルデナフィルは、この酵素の働きを制限することで、勃起しやすい状態を保ちます。

なお、レビスマは精力剤ではないため、飲んでも精液の量は増えないのでご注意ください。

レビスマの特徴

レビスマには、大きく2つの特徴があります。

■日本人向けに調合されたED治療薬

レビスマは、日本人向けに調合されたED治療薬です。

レビスマを販売するレクメズ社は、ジェネリック医薬品を主に取り扱うインドの製薬会社です。
レクメズ社は、販売する国に合わせて製品を作るという、ユニークな開発方針を採用しています。

レビスマも、開発に日本人スタッフが関わるなど、日本人向けに作られています。
薬のパッケージのデザインも日本風で、日本語の表記も自然です。

■本家レビトラよりも安い

レビスマの1錠あたりの金額は315円です。
レビトラ20mg錠が1錠2,200円もすることを考えると、破格の安さと言えますね。

レビスマの副作用

レビスマは血管を拡げる薬なので、頭痛やほてりなどの副作用が出ることがあります。
代表的な副作用としては、次のようなものがあります。

  • 頭痛
  • ほてり
  • 動悸
  • 鼻詰まり
  • めまいなど

副作用は2~3時間で治まることがほとんどです。
もし副作用が心配なら、お医者さんに相談するといいでしょう。

■強い副作用が出たら病院へ

なお、レビスマを飲んだ後、まれに重い副作用が出ることがあります。
以下の副作用が出た時はレビスマの服用を止め、すぐにお医者さんの診察を受けてください。

  • 視覚障害(青と緑の区別がつきにくくなる)
  • 持続勃起症(プリアピズム)
  • 非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)

レビスマの飲み方

レビスマの飲み方を紹介します。
レビスマの効果を100%引き出し、副作用を抑えるためにも、必ず正しい飲み方を守ってください。

■対象年齢

  • 20歳以上

■用量

  • 1日1錠
  • 20歳以上の人

    10mg錠から飲み始め、効果が出なければ20mg錠を使用

  • 65歳以上の人

    高血圧・低血圧などの持病がある人…10mg錠を1/2錠から飲み始め、効果が出なければ10mg錠1錠を使用

レビスマを1/2サイズに割るときは、ピルカッターなどを使うのがオススメです。

■飲むタイミング

  • SEXの30分前

■禁止事項

副作用が強くなるため、以下のような飲み方は止めましょう。

  • 1日に2回以上飲む
  • 1回に20mg錠を2錠以上飲む
  • 飲む間隔を24時間空けていない

レビスマの注意点

レビスマには、一緒に飲んではいけない薬(併用禁忌)や、一緒に飲む時には注意が必要な薬・食べ物(併用注意)があります。
これらの薬や食べ物について、飲む前に確認しておきましょう。

併用禁忌

次の薬は、レビスマと飲んではいけません。

  • 硝酸剤及びNO供与剤

    狭心症や心不全の治療薬です。
    レビスマと飲むと急激な血圧低下を起こし、危険です。

  • リオシグアト(アデムパス)

    肺高血圧の治療に使われます。
    レビスマと一緒に飲むと、急激な低血圧を引き起こします。

  • CYP3A4阻害薬

    真菌症の治療薬などに使われる薬です。
    レビスマが体内で消化されにくくなり、副作用を強めます。

  • クラスIA抗不整脈薬、クラスIII抗不整脈薬

    レビスマと合わせて飲むと、強い低血圧を引き起こします。

併用注意

以下の薬を使用している場合、レビスマを使用する前にお医者さんに相談しましょう。
また、レビスマは1/4錠から服用するなど、様子を見ながら使ってください。

・CYP3A4誘導薬
糖尿病の治療薬などに使われる薬で、レビスマの働きを弱めます。

・α遮断薬
高血圧用の薬(降圧薬)や排尿障害治療薬として使われ、レビスマと一緒に飲むと、めまいなどを伴う血圧低下を招きます。

・カルペリチド
心不全治療薬で、レビスマと一緒に飲むと強い低血圧を引き起こすことがあります。

その他

これから挙げる持病がある人は、レビスマを飲む前に、お医者さんに必ず相談しましょう。

  • 低血圧、高血圧
  • 不整脈
  • 心血管系障害
  • 肝障害など

■グレープフルーツはNG

グレープフルーツは、バルデナフィルが体内に吸収されるのをの邪魔するため、副作用を強めてしまいます。

■食事に関する注意点

次のような食事は、レビスマの吸収を悪くします。

  • 油分の多い食事
  • 700kcal以上の食事

レビスマを飲む時は軽めの食事にするか、空腹時にレビスマを飲むようにしましょう。

レビスマの通販

レビスマは、日本ではネット通販で買うことができます。

■レビスマを買うなら個人輸入で!

日本では、未認可の医薬品であっても、海外から買うことが法律で認められています。
一般的に「医薬品の個人輸入」と呼ばれる行為で、言葉だけ聞くと難しそうですが、実際はネット通販で薬をカンタンに買えます。
なお、ネットで購入した薬は以下の行為をすると罰せられます。

  • 他人にあげたり貰ったりする
  • 転売する

■ネット通販でおトクにお買い物!

レビスマは、ネット通販で安く買えます。
まとめ買いをすれば、1錠あたり315円で買えておトクです!

■偽物には要注意

便利なネット通販ですが、偽物が売られるサイトもあります。
レビスマは、信頼できるサイトから購入しましょう。
以下のようなサイトは、信用できる業者が運営することが多いです。

  • 情報通信を暗号化している(https://~で始まるURLを使用している)
  • サイトの運営者情報の記載がある
  • 成分鑑定書が掲載されている
  • クレジットカードが使えるなど
© 2020 レビトラ